環境問題の答えをつくる。
次の社会が、見えてくる。

この地球で生き続けるために、
考え続けなければいけない問いがある。
その問いの答えは、簡単には見つからないだろう。
でも、私たちには、答えをつくり出すことができる。
さあ、いっしょに考えよう。さあ、いっしょにつくろう。
たしかな未来は、待ってるだけじゃこないから。

自然と最先端技術が共有する緑豊かなエコ・キャンパス

2016年横浜オープンキャンパスのご案内

第二回

8月6日(土)10:00~16:00  8月7日(日)10:00~16:00

会場

横浜キャンパス:3号館31F教室・学生食堂・学生ホール ほか

※学科説明会(期間中複数回開催)や研究室展示もあります。

環境学部からのメッセージ

環境を考えるだけじゃない。環境を変える学びが、ここにある。

地球温暖化や砂漠化、食料や水の問題など、この時代の最大の課題のひとつである環境問題を解決するためには、二つのの力が必要です。ひとつは、地球や地域で起こっている現象や自然の劣化・修復のメカニズムを解明する自然科学的なアプローチ。そしてもうひとつは、人や地域や社会の意識をどう変えていくか、地域者社会でどう取り組めばいいのかという社会科学的なアプローチ。

その二つのアプローチをうまく融合させ、さらに同じキャンパスにあるメディア情報学部との相乗効果も得ながら、"現場での実践力“を育くめるところが、当大学の環境学部の大きな強みです。また、座学だけではなく、国内外の森林や地域、産業界などのフィールドで、五感をフルに使い、コミュニケーション能力や自主性、行動力を磨けるところも他にない特徴です。さまざまな分野で活躍する卒業生を誇る本学部で、“成長が実感できる”4年間を体験しませんか。

東京都市大学 環境学部長 吉崎 真司

環境創生学科って
何を学ぶの?

持続可能な都市と自然を
「現場」でつくるスペシャリストに。

街、都市、地域、地球全体、すべてのレベルでいま求められているのが、持続可能な環境の実現です。自然と都市との共存、生き物と人との共生を実社会で実現するために必要なのが、多面的で複雑な問題に立ち向かうための知識、技能、そして人間力。「現場」=「フィールド」での問題解決や空間・環境づくりに立ち向かう力を育むのが、環境創生学科です。
どのような空間と環境を都市に残すことが、私たちの生活を持続可能なものにするのか、共に考える。そのためには、自然科学、生態学、環境工学、そして農学の視点など、学問としての関心の根を掘り下げながら、横に伸ばし、繋げていく応用力が必要です。環境創生学科では、様々な専門分野の教員からの学びとともに、自らの応用力を高めるためのカリキュラムの編成を通じて、自らの資格取得やその先のキャリアに繋げていくことを目指します。ぜひ、一緒にフィールドで都市と環境を見つめ、行動しましょう。

環境創生学科について詳細はこちら

環境マネジメント
学科って
何を学ぶの?

あらゆる角度からのアプローチで、
環境問題の解決に挑む。

「マネジメント」は、よく「管理」と訳されますが、管理が目的ではありません。様々な要素をやりくりし、効果を最大化し、目的を達成する。それが本来のマネジメントです。環境マネジメントは、関わる様々な人や組織の強みやリスクを分析・評価し、活用・強化・回避したりすることで、環境問題を解決する手法なのです。
環境問題の解決には、生産や消費、経営のあり方を変えていく必要があり、人や組織の行動に影響を与えるルールも重要です。持続可能な社会に向け、国内では地方創生、世界的には国際政治や途上国支援などにも取り組む必要があります。その鍵を握るのが、「情報」「コミュニケーション」「合意形成」「教育」など。
こうした多方面からのアプローチを学ぶのが、環境マネジメント学科。その学びは、新しい発見や刺激に満ちています。また、現場での実践を通して、卒業後に活躍する基盤となる主体性やコミュニケーション能力なども身につきます。

環境マネジメント学科について詳細はこちら

環境創生学科 研究室のご紹介

生態環境分野


  • 田中章研究室
    (ランドスケープ・エコシステムズ)


  • 吉崎真司研究室
    (緑地環境システム)


  • 北村亘研究室
    (保全生態学)


  • 横田樹広研究室
    (都市生態計画)


  • 咸泳植研究室
    (環境化学)


  • 飯島健太郎研究室
    (応用生態システム)

都市環境分野

環境マネジメント学科 研究室のご紹介

経営分野


  • 伊坪徳宏研究室
    (ライフサイクル環境評価)


  • 枝廣淳子研究室
    (環境コミュニケーション)


  • 郭偉宏研究室
    (循環型生産システム)


  • フィッツギボンズ研究室
    (情報マネージメント)

政策分野


  • 大塚善樹研究室
    (環境思想と農業食料問題)


  • 岡田啓研究室
    (環境・資源管理政策)


  • 佐藤真久研究室
    (環境教育と国際協力)


  • 小野直樹研究室
    (世界政治)


  • 古川務研究室
    (環境法政策)


  • 馬場健司研究室
    (環境ガバナンス)

社会で活躍する卒業生

現在の仕事内容を教えてください!

リードコピーが入ります。リードコピーが入ります。

コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。

現在の仕事内容を教えてください!

リードコピーが入ります。リードコピーが入ります。

コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。

現在の仕事内容を教えてください!

リードコピーが入ります。リードコピーが入ります。

コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。

現在の仕事内容を教えてください!

リードコピーが入ります。リードコピーが入ります。

コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。

現在の仕事内容を教えてください!

リードコピーが入ります。リードコピーが入ります。

コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。

現在の仕事内容を教えてください!

リードコピーが入ります。リードコピーが入ります。

コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。コピーが入ります。

高校生からの質問 12